ゴールデンウィークは あえてディズニーランド(TDR)で過ごす - ゴールデンウィーク[GW] 国内旅行の穴場

ゴールデンウィークは あえてディズニーランド(TDR)で過ごす


スポンサードリンク

ゴールデンウィークという年に一度の大型連休をディズニーランド過ごそうという人はきっと多いはず。否、絶対多いです。なので、ゴールデンウィークはディズニーランド(ディズニーリゾート)が年間で最も混雑する時期でもあるのです。

混雑していない年末年始のイベントが終了した時期には、パビリオンのリハブ(リハビリテーション=修理や改築)が行われるため、入場できるパビリオンは極端に少なくなりますが、ゴールデンウィークにはほぼフル稼働。そのかわり、長蛇の行列待ちで事実上、一日に臨めるパビリオンの数は制限されることとなってしまいます。

要は、混雑を前提に、ディズニーランドのパーク内施設をいかに効率良く、より多く回れるかがエンジョイするカギとなってきます。以下に、体験的なポイントをご紹介します。

ファストパスの利用とレストランの利用時間を抑える

人気アトラクションイコール行きたいアトラクションという公式はどなたにも当てはまります。まずは、ファストパスを入手することが先決です。人気アトラクション入り口付近で入手しますが、ファストパスには時間が指定されるので、その時間に再度アトラクションに行けば、待つこと無しで入場ができます。

さらに、パレードやディズニーシーのハーバーショーはパビリオン外のアトラクションとして絶対に見逃せません。パレードの場所取りは1時間前からなので、その時間を確認しておきます。

そして次に、レストランの利用時間を混雑時を外して決めておきます。11:00〜14:00と17:00〜19:00くらいが混雑時なのでそれ以外の時間帯にレストラン利用時間を決めておきます。

以上、3種類の時間帯を決めた後、空いている時間帯にどこをどのように回るかを計画するようにします。このようにすれば、効率の良い楽しみ方ができると思います。

ちなみに食事についてですが、お弁当やスナックを持ち込んで食べても、最近では煩く言われないようです。というのも、ゴミ箱を見ると「その残骸」が多く見受けられるから・・・。また、再入場システムを利用してパーク外のレストラン・・例えばイクスピアリのレストランを利用するという手もあります。さらに、舞浜駅まで戻ればコンビニやその他の食事処もあります。(ディズニームードが壊れるという向きもありますが、人によってはリフレッシュ出来るかもしれません)。超混雑のゴールデンウィークのディスニーランドでは、きれいごとは通じません。「いったん出る」ということも「あり」だと思います。

ディズニーランドの駐車場は利用せず徒歩を基本に

ゴールデンウィークのディスにーランドはパーク内のみならず、駐車場も大変に混雑(というかいっぱいになる)します。可能であれば、極力、電車・バスで来園するようにしましょう。広大な駐車場ですので、入園ゲートから遠くなってしまえばかなりのロスタイムとなってしまいます。

また、混雑日となるに決まっているゴールデンウィークは、リゾートラインも混雑します。実は、ディスニーシーへは徒歩で行けます。舞浜駅を降りて、ディズニーランド前の通りを左方向へ・・・左手にアンバサダーホテルが見えてくれば近いです。googleマップでもわかると思います。

混雑による時間のロスは、「徒歩」によってけっこう解消できると思います。

東京ディズニーリゾートが混雑していない日とは | RETRIP[リトリップ]

混雑必至のTDR(東京ディズニーランド・東京ディズニーシー)に行くときは、やはり、少しでも空いてる日を狙って行きたいもの。実は、ゴールデンウィーク中に空いてる日が?年パス保持者が東京ディズニーランド・東京ディズニーシーが空いていると言われる日をこっそり教えています。イベント状況などにもよるので、参考程度にと言っていますが・・。

実はGWが空いてる?年パス保持者が教える、東京ディズニーリゾートが混雑していない日とは

スポンサードリンク


トップへ:ゴールデンウィーク 穴場

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プライバシーポリシー
Copyright © ゴールデンウィーク[GW] 国内旅行の穴場 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます